アドセンス

アラサーママ美容攻略

10年後もキレイでいたい…アラサーママの美容ブログ

現役エステティシャンが教える洗顔方法で見直したい7つのコト

f:id:isatymama:20190729233234p:plain

30代になって「お肌が荒れやすくなったな~。」と感じませんか?

私はすごく感じました!アラサーになったというのと、出産後の育児疲れでお肌ボロボロに…実際に私が〈30代から気になった肌トラブル〉はこちらです。

  • とにかく乾燥
  • ゴワつく
  • アゴや頬、口周りのニキビ
  • 毛穴の黒ずみ
  • たるみ
  • すっぴんになると赤み肌

実はこの悩み、この記事で紹介する「美肌づくり洗顔方法」を実践してもらうと、誰でも簡単にずーっと美肌になれる!

なぜなら、洗顔方法を改善しただけで、育児私自身の疲れたボロボロお肌がつるつるに!
さらに、仕事の現場で実際に肌トラブルを抱えた方にこの洗顔方法をアドバイスさせて頂いてます。
すると、1ヶ月後は皆さんお肌の状態が良くなっているんです!

エステや高い化粧品を使ってみようかな?と考えている方は、いったんストップ!まずは普段の洗顔方法を変えてみよう!

この記事では、毎日の洗顔方法で見直してほしいことを7つ紹介します。

記事を読み終えたあと実践していただくと、翌朝の化粧のノリが良さに驚きます。

ママ友と差がつく美肌ママに変身できますよ。

現役エステティシャンが教える見直し洗顔7選

1.洗顔前に手を洗う

ご飯を食べる前、料理をする前には皆さん必ず手を洗いますよね。

顔を洗う洗顔の時も同じ。

清潔に保ちたい顔を洗う前は必ず顔に触れる手をまずは清潔にしましょう。

これ、意外にやっていなかった~って方多いです。私もその一人でした。

2.毛穴やニキビが気になっても擦りすぎない

気になる鼻の毛穴、できてしまったニキビ。

気になって触りたくなったり、よけいにゴシゴシしたくなる気持ちはわかります。

ですが触りすぎ・ゴシゴシ摩擦でお肌に刺激を与え気になる肌荒れは悪化します。

これが「敏感肌」「乾燥肌」をつくり出している原因でもあります。

ゴシゴシ摩擦は自分で肌荒れをつくっています。優しいソフトタッチがポイント!

3.クレンジング剤や洗顔料は適量を守る

お肌はゴシゴシ摩擦を嫌います。

クレンジングは‟クレンジング剤で浮かして落とす”

洗顔は‟泡で洗う”が基本。

汚れが気になるところがあっても、しつこく擦らないが鉄則です!

小さい子供がいるママは、急がなきゃという気持ちであせり無意識にゴシゴシしているかも!?

4.熱いお湯で洗い流さない

汚れをしっかり落としたい気持ちや無意識に熱いお湯で洗い流してはいませんか?
入浴時に使う温度‟40度前後”で洗い流してしまうと、お肌に必要な潤い成分まで洗い流してしまいます。

基本は、少し冷たく感じるくらいのぬるま湯‟32~34度”くらいで洗いましょう。

熱い温度で洗うと、より乾燥するので「乾燥肌」になっちゃいます!

5.朝は水洗顔だけは基本NG

洗顔の役割~

  • 朝の洗顔⇒汗・ほこり・皮脂
  • 夜の洗顔⇒汗・ほこり・皮脂・残ったクレンジング剤や汚れ

ぬるま湯での水洗顔だけでも、寝ている時にお肌についた「汗やほこり」はとれます。
ですが、自分の「余分な皮脂」は残りやすいです。

余分な皮脂が残ると、毛穴詰まり・ニキビや肌老化の原因になります。

すると、洗顔後につけるスキンケア用品の浸透も悪くなります。

なので、基本的には朝も洗顔料を使って洗いましょう!

皮脂が多く出やすい人や時期は忙しい朝も洗顔料で洗うようにしよう。

6.オイルクレンジングはやめる

クレンジング剤選びは美肌づくりには重要なポイントです。

クレンジングの選び方
  • ローション(ふき取り)   ⇒ミネラルファンデ、パウダーファンデ
  • ミルク orジェル(水系)  ⇒BBクリーム
  • クリームorジェル(油系)  ⇒リキッドファンデ
  • オイル           ⇒油性ファンデ、ウォータープルーフ系 

洗浄力が一番弱いのが、ローション。一番強いものが、オイルです。

例えば、汗や水で落ちにくいウォータープルーフ系メイクならオイルクレンジングOK。

ですが、ナチュラルメイクでオイルクレンジングはNG。

なぜなら、お肌の潤いを保っている必要な皮脂まで落としちゃうから。

このが‟洗いすぎ”ているということ!

潤いを保つ皮脂がなくなると、排気ガス・ほこりなどの外の刺激からお肌が守れなくなります。

すると、お肌が「敏感」になります。

さらに、「乾燥」するのでお肌が潤わそうと過剰に余分な皮脂を出します。

この余分な皮脂が毛穴詰まり・黒ずみ・ニキビなどの原因に!!私もよく落ちるしと言う理由からオイルクレンジングを何年も愛用していた一人です…

一般的なママのナチュラルメイクや、ビジネスメイクならジェルクレンジング(水系)がおすすめ。

お肌に負担や刺激もすくなく洗いあがりもさっぱりします。

自分のメイクにあったクレンジングをえらぼう!

7.お風呂場での洗顔はNG

顔を洗う場所はお風呂場ではなく、洗面所で洗うようにしましょう。

なぜなら、お風呂場で洗うと洗う前よりもお肌を乾燥させてしまうから。

さらに、洗った後すぐにスキンケア化粧品をつけて保湿が重要です。

洗顔後2~3分でお肌はかんそうします。すぐに潤いを与えて保湿してあげよう。

美肌をつくる洗顔方法まとめ

手を洗うと同じく毎日顔を洗うのはあたりまえの習慣です。

洗顔方法で見直してもらいたいポイントは7つです。

30代でお肌の調子が悪くなったと感じたら、ぜひ実践してみて下さい。

これであなたも美肌になれちゃいます!